犬や猫の健康は飼い主の管理が大事

犬や猫の健康は飼い主の管理が大事

ペットが何となく具合が悪いな、などと思ってからでは、すでに重大な病気にかかっている可能性もあります。なぜなら、ペットは痛い・苦しいというのをなかなか表には出せないからです。そのため、毎日飼い主が体調を見ていてあげましょう。犬や猫は自分では体調管理ができません。食べるものを選ぶことができないですし、寝る場所も寒くても暑くても決められた場所になってしまいますよね。飼い主が無茶な飼育をしていると、ペットも体調を崩してしまうということです。

特に部屋の温度に関しては、気をつけなくてはなりません。夏は熱中症にかかる可能性もあります。熱中症は人間だけと思っている人もいますが、犬もなります。人間よりも実は暑さには弱いのです温度と同時に湿度まで気を使ってあげましょう。舌を出して口で息をしている、呼吸が荒い、ぐったりしている、ふらつくといった症状が見られるはずです。散歩中はこまめに水を飲ませることが効果的ですし、地面がまだ熱くなっていない朝や、冷めた夜に散歩をするなど対策をしてください。犬は地面に近い分、熱を感じやすいですから気をつけてあげましょうね。室内の場合も湿気や温度が高すぎると危険ですので、部屋全体ではなく犬がいつも寝ている位置の湿度や温度を考えてあげてください。

    Copyright(C) ペット大好き! All Rights Reserved.